三茶歯科|三軒茶屋駅栄通り商店街・世田谷区三軒茶屋の歯医者|小児歯科

24時間ネット予約
24時間ネット予約
ご予約・お問い合わせ03-6453-2752

小児歯科PEDIATRIC DENTISTRY

まずは歯医者に慣れてもらうところからスタートします

小児歯科

お子様は、
一度歯医者さんに嫌なイメージを持ってしまうと、
その後の治療が難しくなってしまいます。

虫歯ができる前から通うことで、
歯医者さんは「怖い」ところと感じないよう、
歯科医院に慣れていただくことが大切です。

また、乳歯のケアをしっかり行うことで、
将来健康なお口を保つことにも繋がります。

お子様が通いたくなる歯科医院に

三茶歯科では、お子様が楽しく治療に通っていただけるよう、さまざまな工夫をしています。

キッズスペース

キッズスペース

キッズスペースをご用意しておりますので、
お子様はお絵かきなどを楽しみながらお待ちいただけます。
上手に治療ができたら、楽しい景品が当たるかも!?

天井モニター

天井モニター

天井のモニターで映像を流しておりますので、
お子様はモニターに集中し治療もスムーズに行えます。
また大人の方もリラックスして治療を受けていただけます。

保護者の方へお願い

  • ・5歳以上のお子様はなるべく1人で診療室へ入るようにしてください。
    本来1人で大丈夫な子でも、保護者の方が近くにいるとちょっと嫌なことがあった時に甘えてしまって治療がスムーズに進まなくなることがあるからです。
    傍で見ていたい保護者の方は予めお伝えください。
  • ・お家でお子様に歯磨きを促す時に「歯磨きしないと歯医者さんに行って痛い思いをするよ!」とか「虫歯になって歯医者さんで治してもらう方が怖いんだから!」などと言ってしまうと、歯医者さんは痛い・怖いというイメージがついてしまいます。
    そうなると痛くない内容でも痛いと思い込んでしまってスムーズに進まなくなることがあるため、なるべくそういう言い方は控えてください。

虫歯予防

お子様の歯は柔らかく、虫歯になりやすい特徴があります。
乳歯は永久歯より虫歯の進行も早いため、フッ素塗布やシーラントによる早めの予防がおすすめです。

フッ素塗布

フッ素には、虫歯菌を抑制する力があります。
乳歯が生えたらまずはフッ素塗布で虫歯予防しましょう!

  1. C0

    歯の表面にあるエナメル質が溶け出し、初期の虫歯が発生した状態です。

  2. C1

    フッ素を塗布すると、フッ素が歯の表面に吸着されます。

  3. C2

    初期の虫歯部分に唾液中の成分(リン、カルシウムなど)が取り込まれ、フッ素が再石灰化を促進します。

  4. C3

    初期の虫歯が再石灰化され、歯が修復されます。

フッ素の効果

フッ素の効果

シーラントについて

奥歯は溝が深く、汚れが詰まりやすい特徴があります。
その溝をシーラントと呼ばれる歯科用のプラスチックで埋めることにより、虫歯を予防することができます。

シーラントで溝埋め

フッ素の効果

シーラント剤を歯の溝に流し込む前に、
歯の汚れを歯ブラシや機器で落とします。
その後、歯の溝にシーラント剤を流し込み、光を照射し固めていきます。
しっかり固まったら処置は完了となります。

処置後は飲食などをしていただいても問題ありません。

シーラントの効果

シーラントの効果

シーラントの注意点

シーラントの注意点

シーラントは全ての歯に使えるわけではなく、奥歯の複雑な形をした溝にプラスチックのセメントを埋め込むものであり、全ての歯の表面を覆うことは出来ません。

また、強く歯ぎしりなどをすると、シーラントが取れてしまうことがあります。取れたままにすると、そこから虫歯が広がってしまう場合もあるので、
定期的なメインテナンスを行うことが大切です。

POINT!

フッ素塗布やシーラントを使用した予防を取り入れ、
お子様が将来歯で困ることのないように今からお口の健康を守っていきましょう!

子供の呼吸と嚥下について

キッズスペース

5歳頃までのお子様には、虫歯予防が大切ですが
それ以上に呼吸と嚥下の方法にも気を配りましょう。
呼吸や嚥下が正しくできているかによって骨格の
成長や歯並びに影響します。
この頃についてしまった呼吸や嚥下の誤った癖は
大人になるほど簡単には直せないため、早めに直すのが吉です。

良い呼吸

  • 唇は軽く閉じて鼻で呼吸する。
    その際、舌の先端は上の前歯の裏側の歯ぐきが膨らんでいる所に触れている。
  • 上下の歯は噛まずに少し離れている。

良い嚥下

  • 上下の歯は噛んだ状態で、舌は口蓋(上あご)に当たっている。
    ※赤ちゃんの頃は、上下の歯は離れ舌が上下の前歯の間に出る。

鼻でなく口で呼吸する、お口ポカンに注意!!

・鼻は吸い込んだ空気を浄化、加湿、温度調整してくれるが口呼吸は空気中の雑菌などがそのまま肺に入るため組織が炎症を起こしやすくアレルギーなどを発症しやすくなります。

・舌の位置が悪くなり歯並びの悪化につながります。(舌が下の前歯や、上下の前歯の間に当たっていると、下の前歯が前に出たり上下の前歯の隙間が大きくなるなど)

・唾液が乾燥して虫歯や着色、口臭などの原因になりやすくなります。

・口呼吸では骨格が前方に成長せず、成人後の顔貌にも差が出ます。

口が閉じられない原因

  • ⑴ 口を閉じる筋肉が弱い
  • ⑵ 鼻炎で鼻の通りが悪い
  • ⑶ 前歯が前に出ている
  • ⑷ 扁桃腺肥大によって気道が狭窄し通気障害が起きている
  • ⑸ 体の問題はないが単に習慣化している

噛む力が足らない?

柔らかい食べ物ばかり食べていると、噛む筋肉が弱く正しく噛めない状態になります。
くちゃくちゃ音を立てて食べたり、いつまでも飲み込むことができない子供たちには、口呼吸や乳児型の異常嚥下、舌筋の弱さが認められます。
歯ごたえのある食べ物を食べさせるだけでなく、食べ方や飲み込み方にも気を配りましょう。
食事中に水分で食べ物を流し込むことも、噛む筋肉や唾液腺の発達を阻害してしまうので注意が必要です。唾液腺の発達が阻害され唾液の量が減ると、虫歯や歯周病、口臭などのリスクが高まります。

子供の悪い癖を直すのは早ければ早いほど、後々の苦労が少なくなるはずです。
子供自身がそういうことを考えることはなかなか難しいので、親が根気よく工夫しながら注意してあげましょう!