三茶歯科|三軒茶屋駅栄通り商店街・世田谷区三軒茶屋の歯医者|小児歯科

24時間ネット予約
24時間ネット予約
ご予約・お問い合わせ03-6453-2752

小児歯科PEDIATRIC DENTISTRY

まずは歯医者に慣れてもらうところからスタートします

小児歯科

お子様は、
一度歯医者さんに嫌なイメージを持ってしまうと、
その後の治療が難しくなってしまいます。

虫歯ができる前から通うことで、
歯医者さんは「怖い」ところと感じないよう、
歯科医院に慣れていただくことが大切です。

また、乳歯のケアをしっかり行うことで、
将来健康なお口を保つことにも繋がります。

虫歯予防

お子様の歯は柔らかく、虫歯になりやすい特徴があります。
乳歯は永久歯より虫歯の進行も早いため、フッ素塗布やシーラントによる早めの予防がおすすめです。

フッ素塗布

フッ素には、虫歯菌を抑制する力があります。
乳歯が生えたらまずはフッ素塗布で虫歯予防しましょう!

  1. C0

    歯の表面にあるエナメル質が溶け出し、初期の虫歯が発生した状態です。

  2. C1

    フッ素を塗布すると、フッ素が歯の表面に吸着されます。

  3. C2

    初期の虫歯部分に唾液中の成分(リン、カルシウムなど)が取り込まれ、フッ素が再石灰化を促進します。

  4. C3

    初期の虫歯が再石灰化され、歯が修復されます。

フッ素の効果

フッ素の効果

シーラントについて

奥歯は溝が深く、汚れが詰まりやすい特徴があります。
その溝をシーラントと呼ばれる歯科用のプラスチックで埋めることにより、虫歯を予防することができます。

シーラントで溝埋め

フッ素の効果

シーラント剤を歯の溝に流し込む前に、
歯の汚れを歯ブラシや機器で落とします。
その後、歯の溝にシーラント剤を流し込み、光を照射し固めていきます。
しっかり固まったら処置は完了となります。

処置後は飲食などをしていただいても問題ありません。

シーラントの効果

シーラントの効果

シーラントの注意点

シーラントの注意点

シーラントは全ての歯に使えるわけではなく、奥歯の複雑な形をした溝にプラスチックのセメントを埋め込むものであり、全ての歯の表面を覆うことは出来ません。

また、強く歯ぎしりなどをすると、シーラントが取れてしまうことがあります。取れたままにすると、そこから虫歯が広がってしまう場合もあるので、
定期的なメインテナンスを行うことが大切です。

POINT!

フッ素塗布やシーラントを使用した予防を取り入れ、
お子様が将来歯で困ることのないように今からお口の健康を守っていきましょう!

お子様が通いたくなる歯科医院に

三茶歯科では、お子様が楽しく治療に通っていただけるよう、さまざまな工夫をしています。

キッズスペース

キッズスペース

キッズスペースをご用意しておりますので、
お子様はお絵かきなどを楽しみながらお待ちいただけます。

天井モニター

天井モニター

天井のモニターで映像を流しておりますので、
お子様はモニターに集中し治療もスムーズに行えます。
また大人の方もリラックスして治療を受けていただけます。